風俗店の種類と内容

風俗は基本的に高収入ですが、稼げる額には差があります。 特に歩合制の風俗は集客ができなければ収入にもなりません。 常連客がついていないうちは店の集客力に頼るしかありませんので、店選びが重要になってきます。 どのような店で働くと高収入を得られるのでしょうか。

短時間で稼げる風俗

風俗は種類が多く給料体制もバラバラですので、内容をよく理解してから選ぶ必要があります。
また、風俗は夜のイメージが強いですが、朝や昼でも働くことが可能です。
夜とは客層や客の入りが変わりますが、働き方によっては大きく稼ぐこともできます。

風俗は短時間で稼ぐのにはうってつけの職業です。
特に歩合制の場合は、1ヶ月で100万円以上の稼ぐことも可能です。
時給の場合もありますが、高時給なので大きく稼ぐことができるでしょう。

風俗は大きく分けて2種類で、クラブ系とヘルス系があります。
クラブ系はキャバクラなどの飲み屋さんが多く、時給と歩合制の所が多いです。
ヘルス系は性サービスを行う業種で、ほとんどが歩合制です。
この2つを比べますと、クラブ系のほうが難易度が高いです。
時給だけでは大きく稼げないので、ボトルなどを客に入れてもらわなければなりません。
接客業の技術が問われるので上手くいかないことが多いです。
ヘルス系は性サービスが基本ですので、多少接客が苦手でも稼ぐことができます。
ただし、性サービスに抵抗があるかたは、かなりのストレスになりますので、サービスの軽い業種を選びましょう。

ヘルス系は高級の名前がつく店舗が大きく稼げます。
一般的な店でも高収入を狙えますが、単価が高級店より下がりますので、本数勝負になります。
また、高級店は採用基準が高く、容姿や態度がよくて接客もできなければならず、誰でも始められるわけではありません。

単価の高い高級店か客足の早い大衆店

風俗をランク別で分けるなら高級店と大衆店の2つです。 高級店は客単価が高いのですが、採用基準が高く誰でも始められるわけではありません。 大衆店は高級店ほど客単価は高くないものの、客の入りが良く採用基準もゆるいです。 しかし、店が集客できなければ収入は落ちてしまいます。

変わった風俗店で稼ぐ方法

風俗には変わった趣向の店があります。 客のニーズに合わせてサービスが生まれるのです。 ハードな内容は女性にとって大きなストレスになりますが、収入も大きいです。 近年流行りはじめたコスプレメインの風俗店は、女性側にも人気があり楽しんで仕事ができるので、継続しやすい業種です。

▲ TOPへ戻る